腕時計を手入れする|IWCなどの高級腕時計をつけることで得られるメリット

お気に入りの腕時計を長持ちさせるには

腕時計は手入れを怠ると劣化が進んでしまいます。ですから、適切な手入れ方法はどのようなものなのかを知っておきましょう。

腕時計の手入れ方法

歯ブラシを使って磨く

腕時計の細かい溝の汚れを取り出すには歯ブラシが効果的です。また、汚れが酷いのであれば水に中性洗剤を入れたものを歯ブラシにつけて磨くと綺麗になります。

つまようじで汚れを取る

歯ブラシでも取れなかった汚れはつまようじを使って掻き出しましょう。つまようじならピンポイントで汚れを取ることができるのでおすすめです。

柔らかい布で拭く

柔らかい布で優しく拭くと表面にある汚れを落とすことが可能になります。また、この方法は腕時計に傷をつける心配がありません。

ドライヤーを使用する

腕時計が水で濡れた場合は、ドライヤーを使用すれば全体をまんべんなく乾かすことができるでしょう。ドライヤーを使って乾かす際は、腕時計から10センチ程離して風を当てるようにして下さい。

腕時計を手入れする

腕時計をはめた手

綺麗な状態を保つには・・・

せっかくIWCの腕時計を購入しても手入れをしないと劣化が進んでしまいます。劣化すると、購入した頃の美しさはなくなってしまうのです。しかし、適切な手入れをしっかりとしていれば劣化を防ぐことができるのです。ですから、どのような手入れがあるのかを把握しておきましょう。

腕時計は汚れやすい

一つ知っておいて欲しいのが腕時計の汚れやすさです。腕時計は、毎日長時間着けるものなので目には見えていなくても汚れが溜まっています。その為、定期的な手入れが必要となると言えるでしょう。

汚れによって手入れ方法が変わる

腕時計は基本的に優しく拭いたり細かい溝のゴミを取ったりすれば十分と言えるでしょう。しかし、場合によってこの手入れだけでは汚れが落ちないことがあるのです。このような時は、中性洗剤を使って拭いたり浸け置きをしたりして汚れを落として下さい。

腕時計は丁寧に

手入れをする時は慎重にするようにして下さい。腕時計は扱いが雑になってしまうと傷がついたり故障の原因になったりします。ですから、着用する際は丁寧に扱ってあげましょう。

広告募集中